リンパの仕組み

リンパ最近、リンパの流れやリンパマッサージなど、リンパという言葉をよく耳にします。ではこのリンパは、一体どういったものなのでしょう。一概にリンパと呼ばれているものには、リンパ管、リンパ液、リンパ節といったものがあります。リンパ管は、血管と同じように全身に張り巡らせていて、その中を流れるリンパ液は血しょうの一部となります。また、このリンパ管が合流しているところをリンパ節と言い、この3つの総称としてリンパという言葉が使われているのです。

このリンパの役割ですが、まずは老廃物を回収して体外へ排出する作用があります。次にウイルスや菌から身体を守る働きも持っていて、これはリンパ節で行われているのです。こうしてみると血液と同じような動きをするように思われがちですが、血液が心臓をポンプとして全身に送られるのに対し、リンパは筋肉の動きによって流れています。つまり、血液に比べ、リンパは滞りやすい特徴を持っているのです。リンパが滞るとむくみや疲労、肩凝り、そして免疫力の低下といった症状が見られます。そのため、特にリンパ節を中心に、その滞りを解消する必要が出てくるのです。そこでリンパマッサージが効果的になってくるというわけなのです。

アロマを使ったリンパマッサージサービスは沢山ありますが、最近では毎日のハードワークによって疲れを溜め込んでいる男性には嬉しいメンズマッサージエステなどもあるようです。恵比寿にあるメンズエステを参考にしますが、ここではソフト指圧整体にタイ古式ストレッチを交ぜたオリジナルのマッサージを行っているようです。アロマオイルを使ったリンパマッサージでは身体全体のリンパの流れを良くし、血行を促してもらえます。そうすることで疲れはもちろん、癒し効果も抜群ですのでリラックス効果もあります。

ソフト指圧整体、タイ古式ストレッチを織り交ぜたオリジナルのアロマオイルトリートメントは、身体全体の隅々までリンパの流れと血行を促し、筋肉、経穴を丁寧にマッサージし、日々のハードワークでお疲れのお客様の『心』と『身体』をリラックスケアします。

このように、リンパの流れを促すことで、血行が良くなりむくみや疲れが改善されます。女性だけでなく男性にも必要なマッサージですので、覚えておいて損はないはずです。毎日マッサージに行くわけには行きませんので、リンパの流れる箇所などを覚えて自分で出来る簡単なマッサージなどを覚えてみるのもいいかもしれません。

About the Author

管理人

View Posts →